2005年04月25日

「Suica一人勝ちの秘密」の読書感想文

今更かもしれませんが、中経出版の「Suica一人勝ちの秘密」を読みました。

この本は、技術的側面よりも、Suicaが成功したのはJR東日本の社風などにも理由がある、という点に力を入れて取材されているようですね。やはり、ビジネス本の老舗から出版されたこともあるのでしょう。ですから、技術的側面からの検証を期待する読者は少し不満を持つかもしれません。

また、正直なところ、Suicaが成功したのはJR東日本の堅実な社風があったから、という点が少し強調されすぎているような気がしないでもありません。基本的にほとんどの鉄道各社は社風が堅実だと思うんですが・・・。それに、社風だけでなく、エリアが広大であるが故にJR東日本のストアドフェアシステムの採用が他社に比べて遅れた点など、少しラッキーな側面もあったように思います。また、Suicaについて、かなりのスペースを割いているため、他社のカードの内容が薄くなっているのは否めません。特に将来、世界でも最先端なカードになる可能性を秘めているスルッとKANSAIの「PiTaPa」についてはもう少し言及しても良かったのではないか、と思っています。

とはいっても、読み物としては読みやすい部類にはいると思いますので、まずSuicaとはなんぞや、というところから進めたい方には読んでみて損はないと思います。

電子マネー戦争Suica一人勝ちの秘密
岩田 昭男
中経出版 (2005.2)
通常24時間以内に発送します。




posted by kix at 01:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 交通系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3139467

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。